永久脱毛の注意点

ロゴ
トップページ
<日ごろからケアする>
永久脱毛をするにはいくつかの注意点があります。サロンや脱毛の種類によって異なる内容もありますが、共通している点がほとんどです。 まず、当日は自己処理をしていく事です。光脱毛する際には肌の奥にある毛に照射したいので、しっかりと自己処理して行きましょう。自己処理があまいと医療レーザー脱毛の効果も薄れてしまいます。剃り残しがないように処理後、確認する事を忘れないようにしましょう。また、自己処理の方法も様々ありますが、抜いたり、ワックスを利用する事は肌にもダメージを与えてしまう為、しないでください。抜くのではなく剃りましょう。剃刀だと肌の角質も一緒に剃ってしまうのでシェーバーで剃る事が一番良いです。自己処理後は何も塗らずに施術へ行きましょう。ボディクリームなどを塗ると毛穴を塞いでしまいますので、光が届きにくくなります。保湿は大切ですが、施術前だけは控えるようにしましょう。それ以外は毎日保湿をして肌の状態を良好にしておきます。肌が乾燥している場合、肌へのダメージが強くなってしまう為、施術できない事があります。 さらに、光照射では黒い色に反応をする為、脱毛期間の日焼けは禁止されています。肌にも良くないので、夏場は特に日焼けしないように気を付けましょう。 施術後は、運動やお酒など血行が良くなる行動は控えます。血行が良くなると赤みが出てくる恐れがあるからです。入浴も出来ないので、当日はシャワーのみとなります。また、1週間は毛穴が開いている状況になりますので、温泉やプールなど公共施設を利用する事は出来ません。毛穴からバイ菌が入ってしまう恐れがある為です。 このように、禁止事項がありますので、永久脱毛の予約を入れる日には注意が必要です。私は永久脱毛を始めて、一年中保湿を欠かさなくなりました。今までは乾燥しやすい冬場のみでしたが、永久脱毛でダメージを与えている為、日ごろからケアするように心がけています。毛もなくなり、しっとりした肌を手に入れました。

<レーザー脱毛で全身脱毛をする時の痛み>
脱毛とは体の毛を除去することです。その脱毛の方法としては、レーザー、ワックス、針脱毛があり、その他には脱毛機などの方法もあります。脱毛する理由は美容や身だしなみとして行っている人が多いです。その中のレーザー脱毛ですが、これは黒いものに反応するレーザーを皮膚に照射して脱毛を行います。成長期である毛に対して照射されることでその毛の毛根や周辺組織にダメージを与えます。 脱毛したい部位が多い人は全身脱毛をすることを考えてはどうでしょうか。全身脱毛となると部位によっては痛みが気になる方もいるでしょう。レーザー脱毛は痛くないと言われたりしていますが、全く痛くないというわけではありません。痛みも個人差があって、1回目から痛くないという人もいますが、最も痛みを感じるのは1回目と2回目くらいであり、回数を重ねるごとに痛みは減っていきます。また、慣れていきますので大丈夫です。痛みに弱い方は、出力を調整して施術してもらうことができますので安心して施術してもらえます。ムダ毛も少なくなり徐々に細くなっていき、痛みや刺激は少なくなっていくのです。ただし、肌の黒い人やかなり日焼けをしている人やほくろなどの黒い部分は、痛みが強く出ることがあり火傷の可能性もありますので、施術を行いません。脱毛を考えている方は日焼けをしないようにすることが求められます。全身脱毛を行いたいと思っている方には、針脱毛よりレーザー脱毛のほうが痛みは少ないのでお勧めの方法です。短時間で施術できるというメリットも大きいです。やはり、強い痛みが毎回続くとなると、施術を継続できなくなることも出てきてしまいます。レーザー脱毛を専門的に行っているサロンを選択するといいでしょう。 全身を脱毛できれば、もうわずらわしい自己処理から解放されるのです。痛みが心配な人はカウンセリングで痛みが心配ということを相談して、体験をさせてもらうのもいいです。 全身脱毛口コミ



Copyright(c) 永久脱毛の注意点. All right reserved.